屋根のリフォームの工法

一般的な屋根のリフォーム工事の種類をご紹介します

屋根の塗装のみ

あまり屋根が痛んでいない状態の時に、屋根に塗装を行っておくことによって屋根の耐久性もアップします。塗装は一番手軽に行うことができる工事ですので、おすすめです。

葺き替え

完全に屋根をリフォームしたいという場合、一度既存の屋根を剥がして、新しく屋根材で屋根を設置する工事=葺き替えとなります。完全に新しい屋根は魅力的ですが、他の工法と比べると、どうしても工事の期間が長引いてしまいます。剥がた既存の屋根が大量の廃材となりますので、撤去費用や廃材の処分費も必要となります。

重ね葺き

最近は重量のある粘度系屋の根材は使われることが少なくなり、軽量屋根材が主流となってきています。そういった軽量屋根材は重ね葺きのリフォーム工事に適していますので、重ね葺き(カバー工法とも呼ばれます)が主流になりつつあります。
重ね葺きのは既存の屋根の上から新しく屋根を作って重ねて設置する工事になります。
この屋根の重ね葺き工事という工法の場合では既存の屋根を撤去する必要がないので、大幅に費用を削ることができるというメリットがあります。工事の期間も少なくてすみます。

投稿者: 星野