屋根と断熱リフォーム

断熱リフォームとは

断熱リフォームは床下に室内の熱を逃さずに室外からの熱の侵入を防ぎます。
夏は室内を涼しく、冬は暖かく保ちます。

適切な断熱施工をする事によって床下、壁内、天井裏の結露をなくし、壁内がカビる事を防ぎます。
カビは見えない壁裏や床下で発生し、空気中に胞子を撒き散らしますので病気の原因にもなります。
適切な断熱リフォームで室内温度を一定に保ち快適な空間をつくりながら、空気環境も改善する事ができます。
断熱リフォームは空気を汚す原因を解決する事が出来ます。
折角断熱のリフォームをしても施工が杜撰では高性能の断熱性能が発揮できません。
弊社では断熱マイスター認定された職人が
断熱材同士と家と断熱材を密着させて隙間がないように丁寧に工事をします。
工事中に確認頂く事と工事中の写真も撮影し、見ていただく事が出来ます。

断熱リフォームは夏は涼しく、冬に暖かく、快適に生活する為に必要な工事になります。
断熱リフォームでエアコンの性能が活かされ快適な室内空間が保たれます。
断熱の診断も承ります。

サーモグラフィで断熱欠損や断熱材の効果を実測します。
夏の建物外部、窓から室内の冷気が外に逃げます。
室内には暖気が入り込みエアコンの冷房効率が落ち室内の温度も一定に保てません。

冬に青い部分の窓からの冷気が室内に入り込みます。
室内の温度が窓からの冷気で乱れ、気流が発生し不快になります。
実際にお客様宅で計測し見ていただくことが出来ます。

屋根断熱リフォーム

根断熱リフォームでは屋根面に発泡系断熱材を現場施工します。
真夏の太陽の熱気を防ぎ室温を低温に保ちやすくします。
屋根上で熱の侵入を防ぐ事で2階や3階、グルニエなどの屋上階の温度上昇を和らげる事で、室内を快適に保ちます。
冬場は、暖気の逃げを防ぎ室温が一定な快適な空間を作り、暖冷房費用も節約出来ます。
屋根葺き替え工事時と同時に棟換気を取り付ければ、
結露対策と屋根裏に篭った熱の排気に役立ち、一石二鳥の効果が出ます。

このような場合は是非ご検討ください。

  • 二階が暑すぎて夜など寝られない
  • クーラーなどがまったく効かない
  • 屋根裏に自分だけの部屋を作りたい
  • 床下がカビくさい
  • 押入れに湿気がある
  • シロアリが発生した
  • 床板が冷たい
  • 壁や天井にカビが発生した

屋根工事時に屋根下全面に発泡系断熱材を施工。
お客様より
夏、暑かった部屋が快適に使えるようになったそうです。

床断熱リフォーム

フローリングなどの床下面が結露する為に10年程度でフローリングが痛む場合もあります。
断熱リフォームを実施する結果として床下の木材が乾いている良好な状態となり。
白アリが好まない環境になり、白アリ被害を防ぎます。
結露を防ぐことでカビの発生を防ぎ床下を清潔に保ち家が長持ちします。

既存建物の床下に潜り床断熱工事を施工します。
冬の床下からの底冷えの解消になります。
適切な断熱リフォームをする事によって、室内の快適度はかなりアップします。

 

壁断熱リフォーム

壁断熱リフォームとは壁内断熱材充填工法ことです。
壁断熱リフォームは室内の熱を逃さず、室外からの熱の侵入を防ぎます。
外気温の影響を減らし、室内温度を快適に保つ役割をします。
壁断熱リフォームは壁を剥がして断熱材を充填する工法ですので、
一緒に耐震診断、耐震補強、クロスの貼替えを一緒に工事する事をお勧めします。

土台から桁上一杯まで高性能断熱材を隙間なく施工。
断熱リフォームで夏涼しく、冬暖かい住宅を実現します。

天井断熱リフォーム

天井断熱リフォームでは二階やグルニエの天井に断熱施工する工事です。
断熱材は高性能グラスウールを二重に敷き詰める工事を行います。

天井裏に潜り込み断熱材を隙間なく施工します。
夏の天井からの熱気と冬の暖房効果をアップします。