屋根リフォームのワンポイント

屋根リフォームと言っても、普段はなかなか自分では見ることのできないのが屋根の上。
リフォームの際は、事前に屋根工事のプロ職人に見てもらうのが一番ですが、
屋根について納得してリフォームができるように、どこをどのようにリフォームすればいいのか解説していきます。

1.自宅の屋根の現状を把握しておくこと。

どの部分がどんな風に悪いのか?傷んでいる箇所、
下地の状況などといったきめ細かい所まで診断後、アドバイスしてもらう。

2.どのようなリフォーム方法が最適なのか正しく選択する

現状を認識した上でどういったリフォーム方法が最適なのかを正しく選択する。
雨が漏っているのか、結露なのか、くれぐれも間違った方法で作業しないように注意する。

3.最適な屋根材を選択する

屋根材料はどの材料が適しているのか、
家の耐震補強、美観、形状、耐久性を把握した上で、最適な屋根材を選択する。

どのような手法があるのかメリットとデメリットを一覧表にまとめて紹介します。

屋根材のメリット・デメリット

メリット デメリット
セメント瓦 低価格 材質自体が割れやすい、
耐久性の問題がある。
平板ストレート 軽い、施工しやすい、
低価格
踏み割れやすい、防水性が低い、
断熱性が低いなど。
日本瓦 重厚感、耐久性、
断熱性が非常に
優れています。
焼物の為品質がまちまち、
重い(150~300kg/坪)、
全数固定しない場合が多いと言う問題がある。
トタン 低価格、軽量、
施工性に優れています。
錆びの発生、耐久性、防音断熱性などの問題。
金属屋根 軽量・耐久性に優れる 複雑な形状の屋根には適さない
価格高め
アスファルトシングル 低価格、軽い
耐久性に優れる
低勾配の屋根に不適確

 

お気軽にお問い合わせください