屋根診断 雨漏り修繕

 

今住んでいるご自宅で下記のように思ったことがありませんか?

屋根が瓦なので、屋根のリフォームで重さを軽減して地震対策をしたい。

屋根下の部屋が非常に暑く特に夏場は過ごしにくい。

雨が降ると雨音がうるさく夜静かに眠れない。(特に梅雨時期)

屋根本体の色・デザインをもっとおしゃれでかっこよくしたい。
屋根の素材を高級感あるものにして見栄えを良くしたい。

ガルバリウム鋼板の屋根にして軽く丈夫な屋根にしたい。

戸袋・天井にシミやカビを発見!なんだか、室内の居心地が悪い。
湿気により天井が剥がれている。

屋根下の部屋の湿気がとても高く梅雨から夏にかけて過ごしにくい

屋根や樋の塗り替えやメンテナンスを10年以上していないのが不安。
屋根材や樋のメンテナンスを15年以上していないけど大丈夫かしら。

もうすでに雨漏りをしていてなんとかしないと・・・。

もし上記のお悩み・心配などがあった場合はリフォームのご検討を!!

あなたの自宅屋根材別に、下記の症状・不満などをチェックしてみよう!

《金属系屋根(トタン ガルバリウムなど)》

  • 屋根の一部が錆びている。
  • 屋根に全体的な錆びが見られる。
  • 塗料が剥がれている部分がある。
  • 屋根材が浮いたり、波うったりしている。
  • 屋根全体が色あせていて変色している。
  • 屋根材を手で触ると白い粉が付く。(チョーキング)
  • 雨の時や強風時に金属音がし、屋根材が飛びそう。
  • 近隣からクレームがあるくらい光が反射する。
  • 釘が抜けていたり、抜けそうになったりしている。

《スレート系屋根(カラーベスト、コロニアル)》

  • 釘が抜けていたり、抜けそうになったりしている。
  • 屋根材が剥がれて下地が出てきている。
  • 屋根全体の塗装の剥がれ、変色がある。
  • 軒先や棟板金が飛びそう、または錆びがある。
  • 屋根材の表面にコケやカビが発生している。
  • 屋根材の一部が色あせしており変色が目立つ。
  • 屋根材がひび割れてたり、割れてしまっている。
  • 屋根材を手で触ると白い粉が付く。(チョーキング)
  • 屋根材が浮いたり、波打ったりしている。

《瓦系屋根(セメント瓦、モニエル瓦含む)》

  • 瓦が割れている。
  • 瓦がズレている。
  • 棟の部分の漆喰が崩れている。
  • 防水塗料が剥がれていて、色あせや変色している。
  • 築30年以上経過している。

◎チェックが多い方は、要メンテナンスです!!◎

※雨漏りなどの兆候がある場合、放っておくと下地や骨組みが痛み、
無駄なメンテナンス費用が発生するかもしれません。早めの診断がオススメです。

クローバーホームは屋根の調査を詳細に行います。

屋根上の画像になります。
屋根の上の赤い部分は熱が脱げている部分で、断熱欠損になります。
断熱工事は、屋根の一番上を施工した場合は、夏に効果がありますが、
冬には効き目は期待出来ません。
そういった点も詳しくアドバイスさせていただきます。

目に見えない雨漏りの状態も天井裏を点検いたします。

屋根上の調査を行い、雨漏りの状態や、断熱の状態、
屋根材の点検、とめつけ状況などご報告致します。

調査項目

  • 鉄板の錆点検
  • コロニアルや鉄板屋根の塗料が剥がれている部分がある。
  • 屋根材の浮きや反り調査。
  • 屋根の塗装の剥がれ、チョーキングの調査、点検。
  • 屋根板金(金属部)の剥がれ釘の抜けなど調査点検。
  • 瓦のずれや割れの調査。
  • 棟の部分の漆喰の剥がれ調査。
  • 赤外線による雨漏りの調査。
  • 赤外線による屋根裏の断熱調査
  • 目視による雨漏りの調査。
  • 雨樋の曲がり
  • 雨樋の排水溝の状態 土が溜まっていないか確認
  • 軒樋の勾配確認
  • 集水ますの状態

お気軽にお問い合わせください